このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

LiveCard リリース

発言者:田中求之
( Date Tuesday, July 30, 1996 20:53:31 )


HyperCard のスタックが Web サーバーを通して公開できる LiveCard が Heizer
ソフトウェアよりリリースされました。

===

For the first time, HyperCard stacks can be served over the Web
                  ... to ANY browser on ANY platform.

     No plug-ins required!
     Stacks run over the Web on Macintosh, PC, UNIX platforms - and
future platforms as well
     Little or no modication of your stacks required.

You can easily create
     *forms
     *shopping baskets
     *registries
     *security realms
     *remote Web administration

 Your imagination is your limit!

Creates either graphics-images and/or text-based HTML pages at your [or
the browser's] option.

This is a great opportunity for Website designers, Web masters, HyperCard
programmers, and CompileIt! pros!

===

ということです。 

→  LiveCard (Heizer)

石津@RJC さんからのコメント
( Wednesday, July 31, 1996 00:27:24 )

おおおお、これはすごい!
デモ見てきましたが、遅いことは遅いですが、カラーもハンドリングできる
みたいだし、後は日本語が通ればバッチリですね!

HyperCardのスタックを久しぶりに作ってみたくなりました!!!

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, July 31, 1996 00:44:00 )

>おおおお、これはすごい!

でしょ? 私は、さっそくオンラインで申し込んでしまいました。今なら Boston Expo
特別価格( $49.95 + Shipping $9 )で購入できるみたいです(定価は $149.95 )

HyperCard の ML で、Royal Software の Ro Nagey 氏に「日本語は扱えるの?」
と尋ねてみたところ、「十分にはテストしていないが、日本語の使用に制限を加えるよう
な仕組みはないと思う」というような返事が返ってきました。

おそらく、画面イメージを on the fly で GIF にして表示すると思われますので、
日本語のシステムで動かせば、日本語は使えるでしょうね。 ただ、FORM の処理などの
際に、漢字コードの変換などに気を配る必要があるでしょう。

到着が楽しみです。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, July 31, 1996 00:45:23 )

それから、訂正ですが、LiveCard は、Heizer ではなく Royal Software の製品
として販売されるようです。

石津@RJC さんからのコメント
( Wednesday, July 31, 1996 09:47:13 )

よっしゃ。私も申し込もう!

石津@RJC さんからのコメント
( Wednesday, July 31, 1996 10:26:18 )

ということで申し込んできました。:-)
submitした後のリダイレクションが元のページだったんで、なんか不安。
ちゃんと申し込めたのかなぁ?

メールが来るまでは安心できないっす。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, July 31, 1996 12:33:56 )

>submitした後のリダイレクションが元のページだったんで、なんか不安。
>ちゃんと申し込めたのかなぁ?

Heizer のオンライン購入申し込みのページは、ああいう仕様になっているようです。
すでに何度も利用していますが、大丈夫だと思います。まもなく、Royal Software
からメールが届くと思います。

Boston Expo に合わせて販売開始のようで、8/5 に出荷するとのメールが私には
届きました。

石津@RJC さんからのコメント
( Thursday, August 01, 1996 00:52:17 )

本日ちゃんとメールが届きました。:-)
ワクワクしながら待っています。

その間にスタックを作ろうかなぁ。:-)

坪田@和医大 さんからのコメント
( Friday, August 09, 1996 15:30:09 )

私もここをちょうど8/5に読んで、注文しました。ラッキー。
直ぐに発送するとのメールが来ましたが、どなたか届いていますか?

やはり馴れたハイパーカードでWebページが作れるのが楽しみです。


田中求之 さんからのコメント
( Friday, August 09, 1996 16:34:15 )

私のところにはまだ届きませんね。

>やはり馴れたハイパーカードでWebページが作れるのが楽しみです。

私も、もともと HyperCard にどっぷりハマっていた人間ですので、こういう形で
HyperCard と Web を一緒に楽しめるのは嬉しいですね。

最近は Web (CGI) にばかり時間をさいて、あんまりスタックなども作っていない
のですが、それでも osax の開発は相変わらず HyperCard でやってるし、ちょっと
した処理などは、スタックを組んで片づけることが多いです。

基本的にスクリプト野郎なので、HC 3.0 が QuickTime Interctive Media Layer
と統合されるなんて聞いてもあんまり興奮は感じなかったのですが、LiveCard の話
では、Heizer がまたやってくれたなぁ、ということで嬉しく思いました。

実物が来てみないと、どの程度のものなのか、今一つはっきりしないのですが、
わくわくしながら待ってます。もしかしたら、HyperCard をベースにする限り
使いものにならないのかもしれません。それでも、HyperCard だからいいんだ
という気持ちですね(笑)

届いたら、すぐにサーバーにセットする予定です。メモリーが足りなかったら
Web のアクセス可能人数を減らしてでも動かすつもりです (^_^;;

坪田@和医大 さんからのコメント
( Friday, August 09, 1996 17:03:44 )

私もCompile It!大好き派です。
今のうちが、わくわくして一番楽しいときかも知れませんね。

FileMakerも色々使いますが、やはりここ一番はHyperCardです。
3.0の話があるということで、HCの火が消えないと言うことに一番
安心した次第です。

ただ、HypseCard で作り込んでいくと、どんどん自分仕様になって
しまい、他人には使えないスタックになってしまうので、そこらの
デザインバランスが難しいです。今度のLivecardもweb pageという
つもりでつくらないと変になるかも知れません(私の場合のこと)。

ホームページらしくないものが出来ても面白いかも、ですね。

あまり中身のない話で済みません。

石津@RJC さんからのコメント
( Tuesday, August 13, 1996 12:01:14 )

たった今LiveCardが届きました。
今設定を始めたところです。

このマシンにはHtperCardPlayerしかないんだけど大丈夫かなぁ?
Liteでも駄目かな?

実験してまた書きますね!

石津@RJC さんからのコメント
( Tuesday, August 13, 1996 13:12:25 )

7600/120でテストしてみました...が、結構重いですねぇ。
WebCenter1.0a6では動作しませんでしたので(理由は不明)McHTTPで試して
みました。
設定は非常に簡単でHyperCardのエイリアスを作ってLiveCard.acgiとリネーム
し、MacHTTPと同じフォルダに置きます。同じフォルダにLiveCardと動かしたい
スタックを置きます。LiveCardを起動して自分のサーバ用のURL設定をするだけ
でOKでした。

非常に簡単に動作します。これからいくつかのスタックを動かしてみて実験して
みます。

あ、そうそうHyperCardPlayerでも動作しました。でもカラーで不具合が出て
いますので、やっぱり製品版をちゃんと使った方がいいみたいですね。

石津@RJC さんからのコメント
( Tuesday, August 13, 1996 13:33:55 )

HyperCardPlayerでは制限が多すぎて、やっぱり駄目ですね...。
画像の表示などが一切できません。(ちなみに試したのは2.3Jです)

明日自宅のHyperCardを持ち込んで実験してみますが、どうかな..。
2.1と2.2に対応と書いてありますが、うちのは古い....。
新しいのを買うしかないかなぁ。

石津@RJC さんからのコメント
( Tuesday, August 13, 1996 13:35:27 )

あ、そうそう日本語の表示、入力は問題有りません。
これはすごい!!

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, August 13, 1996 13:49:18 )

私のところにも到着しました。今、ドキュメント(オンラインというのはいただけないなぁ)
を読みながら、LiveCard の中身をあれこれ見ているところです。

HyperCard の最新版は 2.3.5 ですが、最新の Player は Apple のサイトから
入手できますよ。また、2.2 の日本語版でよければ、Apple Japan の FTP サイト
に登録されているはずです。

PowerPC Native で走らせるには、2.3x の製品版があったほうが良いかもしれ
ませんね(Color Tools とか付いているし)。

とりあえず、チェックが済んだら、今日の夕方にでもサーバーにセットする予定
です。

石津@RJC さんからのコメント
( Tuesday, August 13, 1996 14:53:38 )

アドバイスありがとうございます。
私も思いついて2.2JをアップルのFTPサイトからもらってきました。
Liteならそこそこ使えますが(画像表示などは可能)それでもまだ
フルファンクションになりません。
ちゃんと使うためには製品版が必須みたいですね。

あ、もちろん白黒のスタックを見せるだけならLiteでも問題はありません。
カラー画像を出すためには製品版が必要なのです。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, August 13, 1996 18:42:24 )

ちょっと急用が入ってサーバーへのセットはできませんでしたが、
そのかわり、今夜はじっくり LiveCard の中身を解析しようと
思っています (^_^;;

坪田@和医大 さんからのコメント
( Wednesday, August 14, 1996 14:13:08 )

こちらには13日に届きました。
皆さんも色々試しておられると思います。
昼休みに実験用サーバーにセットして見ました。手持ちのスタックを
そのまま入れてみましたが、ちゃんと表示できますね。簡単。
【問題点】
手元の環境依存の問題かも知れませんが書いておきます。
(660AV + HC2.33 + WebStar1.2.4, NN3.0a5)
ちょっとしか触っていませんが、カード上のボタンで次のカードに移
動したとき手元側のイメージが変わらないときがあります。
カードを移動しないで、隠れていたフィールドを表示するとやはり何度
リロードしても出ないときがあります。出るときもあり再現性?
テキストの方はきちんと動いていくのですが、イメージの方と1枚ずれ
たりするのがちょっと問題。
ぱらぱら漫画のようなスクリプトを動かしてみると、サーバーの方のス
タックはカード10枚くらいをめくっていくのですがクライアント側は
何も変化無し。
メッセージウインドウが出てこない。

でもこれだけ互換性があれば、まずは充分楽しめそうです。

あとはLiveCardホームページの不十分なマニュアルページをはやくきち
んとして転送してくれないかと思います。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, August 14, 1996 15:19:40 )

>ぱらぱら漫画のようなスクリプトを動かしてみると、サーバーの方のス
>タックはカード10枚くらいをめくっていくのですがクライアント側は
>何も変化無し。

こういうスタックには向いていないようですね。

カード画面の更新については、今、LiveCard のスクリプトを解析しながら
仕組みを追っているところですが、やはり、ダイナミックに書き換えるとい
うのは負担が大きいようです。

キャッシュフォルダーの中にカード画面の画像ファイルをキャッシュしてお
くようになっていますが、このキャッシュファイルが利用できる状況(カード
画面を Static にして、固定しておく場合)は、そこそこの反応速度なの
ですが、カードからその都度画像を生成させると、やはり少し遅いですね。

それから、処理速度を上げるためとはいえ、LiveCard(HyperCard) が
必ずアクティブ(一番手前のアプリケーション)になるので、サーバー
専用機でないと、恐くて使えませんよね (^_^;; (メインのサーバー
にインストールするのをためらっています)。

なにはともあれ、面白いツールであることは確かです。

坪田@和医大 さんからのコメント
( Wednesday, August 14, 1996 15:46:32 )

>キャッシュフォルダーの中にカード画面の画像ファイルをキャッシュしてお
>くようになっていますが、このキャッシュファイルが利用できる状況(カード
>画面を Static にして、固定しておく場合)は、そこそこの反応速度なの
>ですが、カードからその都度画像を生成させると、やはり少し遅いですね。

performanceの所のチェックがこれですね。初めからチェックをはずして見てい
るのですが、再描画のところにバグでもあるのでしょうか。
これのおかげで、いくらNetscapeで強制reloadしても変わらない訳か。

しかし、確かに広告通りcgiなどを組まなくても色々出来るのは面白いツールです。

スピードの点では、同じマシンでtcp/ip経由で動かすtimbuktu Proの方が断然
早いです(^^;)。ぱらぱらアニメもちゃんと見えるし(^^;)(^^;)。

石津@RJC さんからのコメント
( Wednesday, August 21, 1996 15:42:51 )

WebCenterでLiveCardが動くようになったので、いろいろと実験してみました。
過去に面白いと思ったスタックを使って実験して以下の結論に達しました。

1 アニメーションなど動的な処理を行うページは利用不可。
2 白黒スタックでも画像を送信するためにはColorToolsは必須。
3 クイズ系のゲームなど経過を蓄積しながら結果にたどり着く形式の
  スタックなどは、かなり向いている。
4 データベースへの登録検索はSJISか英語なら問題なく行える。

いろいろなスタックを久しぶりにやっていたら、HyperCard Plug-inがあったら
いいのになぁ〜としみじみ思ってしまいました。:-)
アニメーションなどの処理ができないのは痛いなぁ。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, August 21, 1996 19:44:55 )

LiveCard に関して、私なりの紹介のページを作っておきました。

最終的に、サーバーで常時 LiveCard を動かすのは断念したのですが、その
理由も書いてあります (^_^;;


→  LiveCard について

石津@RJC さんからのコメント
( Thursday, August 22, 1996 00:31:49 )

うーん、遅いというのは全くいたしかたないですね。
7600/120をサーバにしてEthernetから2人で同時に同じスタックにアクセス
してみましたがEtherだから使えるという程度の速度でした。
試しにPPPで28800bpsで接続して試したら、やはり画像表示になると極端に
時間がかかるようになります。
HC2.3がPPCネイティブでこの速度ですから、ストレスなく動かすには604e
が必要かもしれませんね。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, October 08, 1996 17:15:50 )

LiveCard 1.1 がリリースされました。

登録ユーザーには案内のメールが届いたことと思います。

しかし、このメール、ユーザー全員のアドレスを列記したメールになっていたのですが、
全世界に LiveCard のユーザーってこれだけしかいないのねぇ、と溜息が出てしまい
ました(笑)

わからないではないが…

石津@RJC さんからのコメント
( Wednesday, October 09, 1996 09:46:06 )

ほんとですねぇ。:-)
田中さんのお名前が先頭の方にありましたが、これって実は購入順だったりして。:-)

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, October 09, 1996 12:40:10 )

>これって実は購入順だったりして。:-)

たぶんそうでしょうね。

LiveCard の XCMD (カードイメージを JPEG に変換するのを行っているやつ)を
うまく使って、機能を限定する代わりにもっと高速で動く CGI を作れるのではない
かと調べていたのですが、スクリプトが結構錯綜しているので(複数のスタックに
またがっている)、まだ追い切れていません。


田中求之 さんからのコメント
( Saturday, November 09, 1996 14:20:33 )

Apple が HyperCard 2.3.5 と色々なツールをバンドルした CD-ROM をアメリカで
発売するようなのですが(HyperCard 2.3.5 Value Bundle とかいうもの)、その
中に LiveCard も含まれるようです。

まぁ、これでユーザー(試してみる人 (^_^;; )も増えるだろうけど、どこまで受け入
れられるのかな??

なお、HC 2.3.5 自体のアップデーターは既に Apple のサイトにあります。