このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Apple Scriptについて(初心者です!!)

発言者:H.Fujishima
( Date Monday, July 29, 1996 13:38:53 )


はじめまして。Mac初心者です。
田中先生の「easy BBS」を使わせていただいています。
スクリプトに関しての質問です。

「property crlf:(ASCII chracter 13) & (ASCII chracter 10)
property LF: (ASCII chracter 10)

------------途中省略-----------

property http_10_header : "HTTP/1.0 302 Found"& 〜
"MIME-Version:1.0"&crlf&"Location:"」

「on idle 
     return (60*60*24)
  end idle」


「on <event WWWスsdoc> path_args
      given <class kfor>:http_search_args,<class post>:post_args

    ----   statement  -------

  end <eventスsdoc>」

以上の記述に関して、私は理解不能です。
宮崎医科大のサイトも良く読んだのですが、ダメでした。
あきれずに、どなたか初心者にわかるような解説をお願いします。


 
               

田中求之 さんからのコメント
( Monday, July 29, 1996 16:05:00 )

私のサーバーに Scripting with MacHTTP という CGI の基礎知識を簡単に
解説したドキュメントを登録してあるのですが( Web Scripting Lab にあり
ます)、それはお読みいただけましたか? property の部分と、on ヌevent...
の部分については、このドキュメントを見ていただければ分かると思います。
CGI のスクリプトを書くときの決まり事です。
(『 Macintosh インターネット構築術』という本の第3章でも解説してあります。
こちらのほうが詳しいものになっています)。

idle ハンドラーについては、不要な idle メッセージが送られないように
するために書いたものです。Stay Open で開きっぱなしになっている
アプレットに対しては、定期的に idle メッセージが送られるのですが、
少しでも他への影響が少なくなるようにと、1日に1回しか idle が送られない
ようにしているのです。



→  Scripting With MacHTTP

田中求之 さんからのコメント
( Monday, July 29, 1996 18:41:16 )

ちょっとした修正 (^_^;;

>『 Macintosh インターネット構築術』

正しくは

『 Macintosh インターネットサーバー構築術』

です。