このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

Phantom リリース

発言者:田中求之
( Date Thursday, July 25, 1996 16:52:33 )


Mac サーバー用ツールのメーカーである Maxum より  the Web crawler 
である Phantom がリリースされました。

ようはサーチエンジンなどが使っている Spider とか Robot と同じように
サイトのページを順繰りにアクセスしていくヤツです。スキャンした結果を
もとに検索用 Index なども作成してくれるようです。

これからデモを落として試してみるつもりです。


→  Phantom (maxum)

石津@RJC さんからのコメント
( Thursday, July 25, 1996 18:37:37 )

私も今デモを落しています。
日本語が使えるのか楽しみですね。
これがうまくいくとe.g.から脱却できるかもしれないなぁ。

石津@RJC さんからのコメント
( Thursday, July 25, 1996 19:05:36 )

うーん、ちゃんと起動できない。
どんなにメモリーサイズを大きくしてもメモリーが足らんという...。
20M割り当てても駄目なんて、なんでやねん。

PPC版は7.5.3Jではうまくいきません...。
7600でやってるんですけど、リリースノートにある604でもバグと関係が
あるのかなぁ。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, July 26, 1996 02:01:31 )

68K 版を Qudora 840AV + KT 7.5.1 で実行すると、同じエラーが出て
立ち上がりませんでした。

そこで、System 7.5.3 (+ JLK) に切り替えて試したら、無事に立ち上がり
ました。どうやら、漢字Talkとバッティングしているようですね。

実行してみましたが、なかなか良く考えれていると思いました。サーバーの負担を
考慮して、一定の間隔をかならず保ってアクセスするようになっていますし、
アクセスによって得られたデータは、CGI / Web Server のどちらとしても
利用できるんですよ。前者の場合は、Phantom が CGI アプリケーションとして
動きますし、後者の場合は、Phantom 自身が検索専用 Web Server になる
(これにはちょっと感心しました)。

パーソナル・サーチエンジンとして、かなり考えられた作りになっていると
思いました。設定も簡単でした。

実験は、自宅から PPP (28.8K) でやったんですが、やっぱ、専用線に繋がっている
マックで、のんびりとやらせるツールですね。ページのアクセスに必ず間隔を開ける
ようになっているのと、アクセスよりも読み込んだ処理にかける時間が圧倒的に多い
ですから(当たり前ですけど)、PPP だと回線が idle の状態が長くなってしまい
ます。

デモ版は30日の使用が可能です。マニュアルはついてませんので、別になっている
ドキュメントも落とす必要があります。

目の付け所が Maxum やなぁ

石津@RJC さんからのコメント
( Friday, July 26, 1996 09:32:24 )

そうですか、漢字トークとバッティングでしたか。
英語システムのマシンはWebサーバ以外うちにはないので、新しいマシンが
届き次第試してみようと思います。

ありがとうございました。

ところで日本語ページの検索などはいかがでした?

田中求之 さんからのコメント
( Friday, July 26, 1996 16:16:32 )

>ところで日本語ページの検索などはいかがでした?

全くダメです。私のサーバーの Index を作らせておいてから、「田中求之」で
検索したら、該当なしと言ってくれました(笑)

英単語のキーワードにしか使えません。

石津@RJC さんからのコメント
( Friday, July 26, 1996 17:30:25 )

そうですか。それは残念。:-)

日本語の壁は厚いですねぇ。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, September 20, 1996 18:56:34 )

Phantom 1.1 を試験的に動かしています。私のサーバーのページを Indexing させて
検索できるようにしてあります。しばらくは動かしておきますので、興味があるかたは
お試しください。

以下の URL で検索用のホームページにつながりますが、これは直接 Phantom が
吐き出しているページです( Phantom を Web サーバーとして動かしています)。



→  Phantom (Tanaka's Personal Search Engine)