このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

AppleScript1.2

発言者:こにし@ほくだい
( Date Sunday, June 23, 1996 01:09:59 )


マックパワーの7月号を読んでいて気がついたのですが、
PPCネイティブのAppleScript1.2というのが開発中らしいですね。

マックでサーバーの唯一の欠点といえる「速度」が解消されるといいですね。


ぼくは、Q650なので関係ないですけど……(笑)。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, June 25, 1996 11:33:58 )

1.2 は開発が進んでいて、おそらく年内には出るのではないかと言われています。

ただ、Native になったからと言って、劇的な速度の向上は見込めませんよ。
確かに AppleEvent の処理自体は Native になると早くなるのでしょうが
実際にスクリプトが実行される場合には、データの処理の中で MacOS の様々な
機能を使っているわけですよね。また、osax を呼び出している場合、この osax
が Native になっていないと、とうぜん処理速度に変化はありません。

ですから、Native になって、どこまで早くなるのかは、まぁ、出てみないと
わからないです。

  …なお、 Tanaka's osax の Native 化は、当分無理です。だって使っている
コンパイラが Native のコードを吐き出せないんです( HyperTalk のコンパイラ
だからなぁ)。そのうち出るはずなんですが、「開発中だが、リリース時期は未定」
と言われてます。