このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

連休中はメッセージも少ないようなので

発言者:Bon
( Date Tuesday, April 30, 1996 07:04:14 )


 田中氏の著書を辞書代わりに作業を進めはや3カ月。そろそろ自分のページ
ができそうです。ですがただひとつ、ぼくはコンピュータやネットワークを専
門にしているわけではないので、非常に素朴が質問があるのです。

 それは、サーバーの開設には専用線でインターネットに接続し固定のIPア
ドレスを持っていなければならい、というくだりのところです。

 たとえば、ぼくのように個人でWWWサーバーを開設したいと思っている
人間はかなり多いと思うのですが、PPP接続ではどうにもならないというこ
とです。でも、なぜPPP接続の場合は固定アドレスが与えられず、接続の度
にアドレスが割り振られるのか、という素朴な質問にはだれも答えてくれませ
んね。ぼくはプロバイダにそんなような話をしたら、何をばかな、といった感
じで、固定アドレスの割り当ては専用線ですから・・・などと役人みたいに頭
の凝り固まった答えしか返って来ませんでした。
 だって、PPPで24時間接続していなくても固定アドレスがあれば個人で
運営する、24時間営業でないサーバーだっておもしろいと思ったりするわ
けです。もっともWWWサーバーくらいにしか用途がなくなってしまいますが。
 
JPNICの資料にも、PPP接続は固定アドレスをもらってはいけないとか
何とかいう規定でもあれば別ですが、それもなさそうだし。実際、ぼくが契約
している米国のプロバイダではPPP接続の利用者にも固定アドレスがオプシ
ョンで取得可能なのです。資源の枯渇うんぬんというJPNICの主張は納得
できるがそれによってネットの利用者がある意味で限定されているような気が
する。何らかの取り決めがあるのだろうか。もしあるとしたらぼくの勉強不足
ということになってしまうので・・・。

 というわけで、こんな考えをするのはぼくだけなのだろうか?なにせぼくは
ばりばりの文系出身ですから。とにかく、とりあえず米国の自分のドメイン名
経由でPPP接続のマックをサーバーにているBonでした。

  Bon
  shunhom@hotweb.or.jp

ショージ@ハートランド さんからのコメント
( Tuesday, April 30, 1996 09:07:52 )

それらの原因にはIPアドレスの不足と言うのがあると思います。

 多くのプロバイダがどのくらいのアドレスをもらっているのか分かりません
が、うちがIPを取得したときにはBクラスは大手プロバイダでもまずもらえない
ので、Cクラスでお願いします。と言われました。

 IPアドレスには一番大元のAクラスから現在はDクラスまであるのですが、それ
ぞれが0から255までですので。256の4乗分のIPアドレスが全世界に存在するだけ
です。

 プロバイダがCクラスを10本もらっていたとしても、2560のIPアドレスしかな
く。ブロードキャスト分をぬいてしまうともっと少なくなります。もしも、3000
人のユーザーがいればこの時点でIPアドレス不足と言うことになります。たしか
IPアドレスは10本単位での登録になっていますので、新たに10本の追加となり、
莫大な費用が発生します。

 というわけで、IPアドレスをPPP接続の個人に振り分けることは、今のところ
無理だと思われます。

 新しい、アドレスの振り分けとネームサーバシステムの開発がされていると思
われますが、それを待つと言うことになるのではないでしょうか?また、新しい
形態の個人Web貸しが出てくるかもしれません(マシン預かりみたいな。)

ショージ
show@heartland.co.jp

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, April 30, 1996 09:09:36 )

PPP 接続の場合、IP アドレスはモデムに対して割り当てられます。つまり、
電話をかけたときにつながったモデムによって、その時の IP アドレスが決まる
わけです。

で、ある電話番号にかけると、かならず同じモデムとつながるようになっていれば、
電話番号=モデム= IP アドレスという関係がなりたちますので、電話が繋がって
いるときであればサーバーをやることはできます。

しかし、プロバイダという事業は、これでは商売になりませんよね。一つの電話番号
に何人もが同時に繋がるようにしておかないと、接続可能な回線数分だけ電話番号を
得る(当然、その分、費用もかかる)ことになってしまいます。

つまり、電話番号一つに対して、複数のモデムをつないでおいて、そのときどきに
空いているモデムが着信するようになっていないと、プロバイダという商売はやって
いられません。


ダイアルアップ IP 接続( PPP )という接続の方法ではなく、プロバイダを
利用するということが、サーバー運用には向いていないわけですよ。

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, April 30, 1996 09:14:33 )

…が、しかし、プロバイダに繋げたときに、自分のマックがどの IP アドレスを
得ることになるのかは、当然の事ながら、プロバイダ毎に一定の範囲で変動する
事になります。ですから、これを見込んで、対策を立てることは、不可能ではあり
ません。

また、もっとアバウトに、一つのアドレスを決めておいて、「運が良ければつながり
ますよん」方式でやってしまうという方法もあります。

実際、ISDN のダイアルアップをテレホーダイで利用して、夜間のみ運用している
マックのサーバー(大手のプロバイダを利用)は存在してます(アクセスしたこと
あります)。

Bon さんからのコメント
( Tuesday, April 30, 1996 11:09:51 )

>実際、ISDN のダイアルアップをテレホーダイで利用して、夜間のみ運用している
 マックのサーバー(大手のプロバイダを利用)は存在してます(アクセスしたこと
 あります)。


 まさに、同じことを考えている人間は世の中にいるもので、ぼくの場合は
入口のURLを確保するためだけに、米国のレンタルサーバーを利用しています。
これでぼくのドメイン名でとりあえず接続はできるようになっています。で、
そこからPPP接続している自分のマックへのリンクを張っているのです。

 IPアドレスが毎回変わるので、レンタルサーバーにはいまのところ接続先
を変えたHTMLドキュメントを15種類おいて、ぼくのマックがPPP接続しな
おす度にfetchをつかってファイル名を書き換えるようにしています。こうす
ればそれほど手間はかからないです。たぶん、これがめんどうだと思う人も
いるでしょうが・・・。

 だったら米国のレンタルサーバーをそのまま使えばいいじゃないかといわ
れるかも知れませんが、まあそれはそれで利用は考えているわけで、今のと
ころマックをサーバーにするという意義の方が大きいのでそうしているわけ
です。

 技術者の方から見れば、たぶん「邪道」なのでしょうが、物事をラフに考
える方がぼくは好きなので。第一に商用サーバーではないのですから。


 ぼくのサーバーは、今朝試験的に運用を始めました。ダイアルアップなので
時間帯によってはマック自体がプロバイダに接続できないことがあるのがもう
ひとつの難点です。それから、情報ではなく、詩(うた)というものにこだわ
った(というかぼくの好み)ので、縁のない人にはまったくおもしろくないか
もしれませんが、のぞいてみてください。(Shockwaveが必要です。)

 おっと、宣伝してしまった。

 こんな田舎の書店だというのに、偶然にも氏の著書を見つけなかったならこ
のページの存在すら知らなかったわけですから、何とも運がいいというか・・・。
これからもよろしくお願いします。

 Bon
 shunhom@hotweb.or.jp

→  NetPirates

SBK さんからのコメント
( Tuesday, April 30, 1996 14:50:50 )

 興味深く拝見しています。
 私も昔、もしかしたらダイアルアップ接続を使って、時間限定出没みたいな
海賊放送をするサイトがあるのかなあと思ってましたら、そんな人いたんです
ね。単純に考えると技術的には可能なのですが、他の意味で単純に考えると、
プロバイダーさんはそんなこと許してくれるんでしょうか?なにかどこかで、
そんなことできないようにプロテクトしてあるみたいな記事を読んだような気
がしたものですから。
 僕などさらに、アナーキーに考えてBonさんのように、NICに申請せずにサー
バーからダイナミックに割当てられたIPだけで、サイトが運営できないのだろ
うかと考えてしまいました。

 さて、田中さんの発言で

>実際、ISDN のダイアルアップをテレホーダイで利用して、夜間のみ運用している
 マックのサーバー(大手のプロバイダを利用)は存在してます(アクセスしたこと
 あります)。

というのがありましたが、どこのサイトなのでしょうか?。差し支えなければ、
教えていただきたいのですが....また、このサイトを成り立たせる方法が今一
つ理解できないのですが、もしよろしければ、解説をお願いいたします。//

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, April 30, 1996 15:22:54 )

>プロバイダーさんはそんなこと許してくれるんでしょうか?なにかどこかで、
>そんなことできないようにプロテクトしてあるみたいな記事を読んだような気
>がしたものですから。

ダイアルアップで接続している間、そのユーザーがどのように回線を利用しようとも
それはユーザーの自由である、というのが原則ではあります。また、プロバイダの
側で、ユーザーがどのように回線を利用しているかをすべて把握することは不可能
でしょう。

しかし、テレホーダイ+固定料金を利用すると、とにかくつなぎっぱなしにしておくと
いうユーザー(サーバーを運用するとは限らない)が増えてしまう可能性があるわけです。
もし、そのプロバイダの回線が、すべてこういうつなぎっぱなしのユーザーによって
ふさがれてしまうと、その他のユーザーは利用できなくなるわけで、これではプロバイダ
も商売になりませんし、また「全然つながらない」という悪評でも立てば、新規契約は
なくなるわ、既存のユーザーは他のプロバイダに乗り換えるわ、という事態が起こりま
すよね。

ですから、プロバイダによっては、テレホーダイの導入以降、一定の時間以上の連続の
接続は禁止(強制切断)という方法をとっているところもあると聞きます。このテレ
ホーダイへの対応の仕方は、プロバイダによって異なります。

結局、プロバイダは他の人たちも使っているということを前提とし、ある種の配慮が
モラルとしてユーザーには求められることになるわけですが、しかし、ユーザーの側は
回線の使用に料金を払う以上は、このモラル自体、どこまで有効で正当なものかは
疑問が残るわけです。

また、先に述べた海賊サーバーには、嫌がらせのメールも届いているようです。
プロバイダの人間ではなく、ユーザーの側から、このような圧力(?)がかかる
ことも当然考えられます。

ネットワーク・インフラの整備が、需要に追いついていない状況が生みだした問題
ですし、一般的にどうこう言える問題ではないでしょう。また、立場によって全く
ことなる意見が出てくる問題です。

ですから、実験を行うのであれば、それによってトラブルが起こりうる、あるいは
必ずしも自分の思い通りにはいかないこともある、というリスクを負う覚悟は必要
だということになります。自由には責任とリスクがついてくる、というある意味で
あたりまえのことですけどね。


Bon さんからのコメント
( Tuesday, April 30, 1996 16:46:30 )

 氏のおっしゃることはきわめて的確なアドヴァイスだと思います。

 結果的にインフラの貧弱さを露呈する形になっていますし、IPアドレス資源の
枯渇を加速させる要因にもなっていることは確かでしょう。プロバイダの淘汰と
インフラの整備が調ってきたときには少しは状況も変わってくるかも知れません
が少なくとも現状の危険というのはぼくが考えている以上に深刻だと思いました。

 プロバイダ側からすれば回線の切断は利益を考えると当然のことであろうし、
ぼくたちユーザーからすればユーザーであることを最大限に利用しようとする
結果が海賊サーバーであるわけです。海賊という言葉は的確ではないかもしれ
ません。海賊サーバーといえども違法なことはしていないのですから。
(ここで述べられている海賊サーバーという意味です)

 ですが海賊サーバーを運営してゆくことのリスクというのは、かなり大きく
なるでしょうね。それを覚悟しておくことの方が大切で、ストレスがたまりそ
うな気がする。

 けれどもぼくは、海賊サーバーとして回線を使い続けることのモラルより
海賊サーバーを認めないモラルの方がかなり危険だと思うのですが。

 う〜ん、何だか話が変な方向へ行ってしまった。

 Bon
 shunhom@hotweb.or.jp

ショージ@ハートランド さんからのコメント
( Tuesday, April 30, 1996 18:13:30 )

 海賊サーバを立ちあげたい理由って言うのはなんなんでしょう?

 それが多くの人には理解できないんじゃないんでしょうか?うちのサーバも
そうなんですが、どこにも宣伝していないので、ほとんどお客さんがいません。
(いや、これはうそだな、取引先の方がうちのスキルを見にくる程度です)
そういうので十分海賊としてやっていけるわけで、アクセスできるか出来ない
かの面白さを味わうよりもアクセスできないいらだちを覚えるユーザーの方が
圧倒的に多い様に思います。

 知り合いのプロバイダーが専用の電話番号を設けることで専用IPアドレスを
割り振って見ようか・・・。と言っていましたが、お互いのコストがかかりす
ぎて利にあわないということで一次中断しています(僕が提案したのですが、
あまり煮詰めていなかったので、説得できなかった)。

 東京都杉並区には杉並互助会という団体があって、複数人で1つのサーバを
運用しています。接続料金も専用線で4万円、プロバイダに7万円の11万円です
から10人でやれば、1人あたま1万円強です。これでMacintoshのサーバにし、
ARAで入るなり、FTPサーバを立ちあげてアクセスするなりで自分だけのスクリ
プタブルなサーバが完成します。

 いろいろと方法はあると思いますので、プロバイダを責めるより、まず工夫
をしましょうよ。プロバイダももうからない仕事だと思いますので(^_^;)。

 今月号のWIREDを見るとNTT対郵政省の話、プロバイダに代わるNTTの戦略など
が分かりやすく(ちょっとむかつくけど)紹介されています。ちょっと先を見
てみるのも面白いかもしれません。

 またCATVがインターネットにつながるので、これを利用するのもよいかもし
れません。うちの近所ではまずCATV網を利用した電話の実験が始まるようです
ので、これに期待ですね。ここにプロバイダが出来れば実質専用線を手に入れ
たのと同じ事になりますから。

ショージ
show@heartland.co.jp

Bon さんからのコメント
( Tuesday, April 30, 1996 19:32:13 )

 先を見るというのは大切なことです。確かに。ぼくも海賊サーバーを立ち上げたい
というわけではないのです。少なくとも、ショージ氏の述べていらっしゃるさまざま
な方法が使えれば問題はないと思いますしぼくなりにいろいろ調べてはいますが・・
・。ぼくは特にCATVの方にかなり興味を惹かれていますし、期待もしています。
少し先には海賊サーバーの問題(?)も消えてなくなりそうな気さえします。いえ、
たぶんそうなるでしょう。

 ただ、地方に住んでいるというハンディキャップがどの程度解消されるか、という
問題にはぼくはちょっと諦めを感じます。もちろん地方でもがんばっている所はたく
さんあるでしょうがそうではない地方というのが依然として存在し続けているの
も事実。その差はかなりあるとぼくは思います。むろん将来的には中央と遜色のな
いインフラが整ってくるとは考えられますが、その年月を考えると今のところ、先に
述べたことになってしまう人(ぼくを含めて)が多いのではないでしょうか。

 現状、ぼくの地方では専用線を引くことすらほとんど絶望に近いです。ほかに何か
手はないかと探しているところなのです。で今のところ、PPP接続でテンポラリー
なサーバーとしての役割を持たせているだけのことです。もっとも専用線で接続する
こと自体がかなりの出費を覚悟しなければならないわけですし、個人にとっての最大
のネックと言えましょうが、だからといって個人はプロバイダのディレクトリを使っ
ていればいいんだ、といったような方式でどこかしらから解決されるならば非常に悲
しいことであります。海賊サーバーを認めろと言うことではなく、海賊サーバーが投
げかける問題を重視してもらいたい、などと思うんです。田舎に住んでいればいるだ
け歯がゆい思いをしている人はたくさんいると思います。

 この問題はいろんな意見が出てきそうですね。

 逆に、ぼくの場合田舎にいる分だけある意味でかなり自由に海賊サーバーを運営し
ていられると思うんです。プロバイダに知り合いというかつながりがあるのでこの地
方の現場なんかを教えてもらえるし、だから海賊サーバーもやっていられるわけです
が・・・(これは内緒)


 Bon
 shunhom@hotweb.or.jp

Bon さんからのコメント
( Wednesday, May 01, 1996 07:18:02 )

 それから、

 ショージ氏は杉並互助会のことを書いていらっしゃいましたが、これはとても参考に
なりました。ぼくも同じようなことを考えているんです。ただ問題は、先に言った
専用線自体にあるので、いまのところ進展はなしといったところでしょうか。ただ、
少なくともCATV利用よりも早く実現できそうではあります。

 Bon
 shunhom@hotweb.or.jp

SBK さんからのコメント
( Wednesday, May 01, 1996 09:04:46 )

 私の話しはいつも「たしか...があったような」になってしまってもうしわ
けないのですが、たしかアスキーのインターネットの雑誌の先月号の記事だ
ったのではないかと記憶していますが、専用線を引くという記事で、横浜にも
そういった互助会があるのだと書いてありました。(書いてあった記憶は断定)

 Bonさんは、たいへんですね。現状では、地方(私も地方ですが私は県庁
所在地なのでましな方です)だと、首都圏に住んでるのとは雲泥の差ですから
ね。最近は充実してきましたが、市内料金でかけられるプロバイターの
アクセスポイントでさえ、満足にないのが、現状ではないかと思います。

 別に海賊サーバーを支持するわけではありませんが、現状、そういうのが
あってもよいような気もします。(嫌がらせのメール怖いですけどね)
 と、いうのも、私たちのじじいになるころには、ネットは、かなりガチガチ
に管理されているような危惧も、私にはあるものですから、管理に対するアン
チテーゼといおうかそういうもの絶えず持ってないと、ネットは自由ではなく
なるような気がするからです。

 先日、流通の業界の方とお話ししましたが、DVDには国を識別するコードが
ついてると、その方はおっしゃってまして、その話しの流れだったのですが、
レコードや映画などをネットで配信するようになると、全世界一斉公開では
なく、地域ごとの公開日をずらして公開したくなるので、そういうこともや
るようになるのではないかと、今のネットの技術からすれば絵空ごとのような
ことをおっしゃる方もいらしゃいましたし、
 また、かなり昔からインターネットで買い物されてる方は、なんと、プロ
バイダーには加入されていませんし、会社もプロバイダーに入っていません。
(「それでどうしてインターネットができるんですか?」と質問すると、これ
これこういうわけだと、あっとおどろくような裏ワザを教えてくれました。
その方は、私と同じ地方なので、電話代を考えれば、プロバイダーに入ったら
どうですかねぇと思うのですが、東京03地区に住んでいれば、これほどタダに
近いことはないという方法です)

 管理の流れもあれば、そんなのおかまいなしという方もいて、いろいろあり
が、今のネットですから、おもしろいですね。(ページの先頭の質問趣旨とは
大きくはずれました。お詫びいたします)//

ショージ@ハートランド さんからのコメント
( Wednesday, May 01, 1996 09:36:42 )

このトピックの「連休中はメッセージも・・・」とは反する結果になっちゃい
ましたねぇ>Bonさん(^_^;)

 東京に越してきて8ヶ月目に入りましたが、インターネットをするという意
味では田舎には帰れなくなっています。どこかの企業のお抱えにでもなれれば
良いのですが、それほどの技術があるわけでもないので、転職も考えているん
ですが、なかなかうまくいきません。

 新たなインフラとしてNTTのOCN(Open Computer Network)に期待をしてい
ますが、皆さんはどう思われますか?地域格差を無くしたものとして定着する
のかどうか、NCC、電力系の遠距離通信会社がどう出るのかなどなど・・・。

ショージ
show@heartland.co.jp


→  OCNについての詳しい情報はこちら

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, May 01, 1996 13:59:54 )

> 東京に越してきて8ヶ月目に入りましたが、インターネットをするという意
>味では田舎には帰れなくなっています。

私の場合は大学のネットワークの利用ですので、ある意味で恵まれた環境にある
わけで、他の方とは事情が違っているわけですが、おかげで福井にいることが
インターネットに関しては、何のデメリットにもなっていません。

大学自体が、福井でも比較的人里離れたところにあるもんですから、インターネット
でもなければやっていけないよぉ、って感じになってます (^_^;;  福井市内に
買い物に行くより、アメリカで商品を買った方が早いぞ、と言って顰蹙を買っている
のは私です (^_^;;

福井県でも、地元のプロバイダもいくつも立ち上がってきており、価格とサービスの
競争が始まろうという状況です。また、鯖江市という、福井市の隣の市で、
「インターネットデザイン講座」という、ホームページ作成を中心とした
インターネットのセミナーの講師の一人を努めていますが、地元の人の関心も
かなり高くなってきています。

こういうのを見ていると、地域格差はどんどん小さくなってきているとは思います。
OCN が本格的に始まると、それに伴う他の業者の競争も含めると、地域間格差は
ますます無くなっていくでしょうね。

そして、いったんネットにつながってしまえば、少なくもとネットに関する情報は
ネットで調べるのが一番はやいわけで、情報の点では地方であることが問題に
なりません(この点は私が常日頃実感しています)。

雲雀の声が降り注ぐなか、田植えの準備をしている田圃の中をゆっくりと歩いてきて
研究室でインターネット、というのが私の生活なのですが、こういうのも悪くない
ですよん。

Bon さんからのコメント
( Wednesday, May 01, 1996 22:28:05 )

>このトピックの「連休中はメッセージも・・・」とは反する結果になっちゃい
 ましたねぇ

 まぁ、春の珍事ということで・・・。


 OCNって知らなかったなぁ。勉強不足です。で早速、ちょっとのぞいてみました
が、NTTの宣伝というのは何となくマユツバに思えてしまうのはぼくの勘ぐりすぎ
なのだろうか。もちろんその通りであれば大いに歓迎されることではあります。

 ただ、OCNが普及してくるころになると、さまざまな他種のサービスが当然のよ
うに現れてくるようにも考えられます。またOCNによって一気に米国との通信イン
フラ(特にコストの面で)の差を解消し追い越してしまう、といった「う〜ん、
ホントかな」などと思ってしまう説明にもちょっと?なのです。

 やっぱり期待はしちゃいますね。けど期待すればするほど、実際はそうでもな
かったなどと落胆することの方が、この世界では大きいので・・・。


 Bon
 shunhom@hotweb.or.jp

Bon さんからのコメント
( Thursday, May 02, 1996 07:38:25 )

 この場でいろいろとご意見を伺って、とてもためになりました。

 で、その間利用しているプロバイダではないところと専用線の話をしていた
ら、専用線ではなく自分のところのLAN上にマックを持ち込んでみたら?と言わ
れ話が思ってもみない方へ進んで行きました。こういうことやってくれるんで
すね、あたってみるもんです。これだとプロバイダへの回線使用料+電気料で
いわば自己サーバーができることになります。サーバーの保守はすべて自分で
やることになります。(当然)
 月額の使用料10万円は高いか安いかは別にして少なくとも年々上昇するNTTの
専用線使用料もその他の機材の費用もかからないというのが魅力です。もっとも
専用線を引けないのでこれが今のところの唯一の現実的な選択ということになる
のでしょう。
 これで、ショージ氏のおっしゃる互助会形式でいけばかなり安く運営できそう
ですね。

 あと、ARAでの直接操作というのを考えているので、その辺のアドヴァイスを
請うかもしれません。いやお願いします。まったくの素人ですので。
(ARA関係でネットワークを使う機会がなかったんです)

 近況はまたレポートします。

 (書いている本人が最初のテーマから逸脱してしまいました。)


 Bon
 shunhom@hotweb.or.jp

SBK さんからのコメント
( Thursday, May 02, 1996 09:00:14 )

 さて私が得ている情報では、
 プロバイダー関係者の話しでは、OCNは、回線品質を保証しないので、
今の課題の電子取り引きの問題では、困ったことになるのではないか
ということでした。現在のシステムではNTTは回線品質をチェックする
機械をくっつけているそうで、それをとっぱらって低価格を実現しても
回線品質がチェックできないと、例えばカードの番号を(暗号化して)
送っても修復不能なほどデーターが破損した状態で届いてしまうという
ことを危惧しているのではないかと、私はその時思いました。
 変わってNTTの関係者の話しでは、OCNは、立ち上がりを早めるそうで、
現在急ピッチで作業しているそうです。ホントは開始時期も聞きましたが、
それは公開できません。で、1回線あたりの人数はどうするのですか?と
質問したところ、その方は技術に疎い面もありますが、トラフィックが
増えたらさらに増強するということでした。いわゆる常識でいうトラフィ
ックが8割程度に達したら、さらに回線数を増強するという意味なのでし
ょう。でもルーターはアセンドでさえT1の96回線で400万からなのに、それ
を日本全国ポンポンと増やせるんだろうか、自社製品でももってるんだろ
うかNTTは?と私は、その時思いました。
 どうもOCNはわかりませんね//