このページは福井県立大学の田中求之が2006年1月まで運用していた Mac のサーバ運用に関する会議室 「Web Scripter's Meeting」の記録です。情報が古くなっている可能性がありますのでご注意ください。

データベースについて

発言者:田中求之
( Date Wednesday, February 21, 1996 01:07:43 )


WWW サーバーとデータベースの連携については、多くの方が関心をお持ちでしょ
うし、実際に運用されていることと思います。

また、新しい製品も次々と登場してきています。

そこで、Web サーバーでのデーターベースの利用について、色々と話を聞かせて
くださいませんか?

私自身は、ファイルメーカーを利用していますが、専門が社会科学の理論よりの
ことをやっているということもあって、さほど大したデータベースを必要として
いません。テキストファイルのメモをフォルダーにためておいて、力任せに検索
する程度で充分に用が足りています (^_^;;

マイバトラー( Butler )を試していますが、どうしても SQL 言語とか
そういう方へ関心がいってしまい、本格的なデータベース構築&運用には
いたっていません (^_^;;

ですから、実際にデータベースソフトを利用されている方の話を聞いてみたい
のです。気軽に、よろしく。

マイバトラーについて さんからのコメント
( Tuesday, February 27, 1996 10:55:08 )

マイバトラーですが、内田洋行のサイトのデモを見ました。(http://
butler.uchida.co.jp) 私はFirstClassでBBSを運営しているのですが、こち
らとのデータの連携がはかれるようなので、多いに期待しております。しか
しながら、デモソフトを頂いたにもかかわらず、立ち上げることすらまだで
きていません。多分多くの方が私と同じではないでしょうか?次期のバー
ジョンでは、インストーラーで簡単にインストールできると助かるのです
が....。


今日このメッセージをポストしたのは、実はExpoで一風かわったWEBサーバを
入手したからです。トアックエンジニアリングという会社のWW Liteというソ
フトなのですが、お世辞にも洗練されたインターフェイスとはいえないので
すが、4Dのスタンドアロンアプリケーションで、データベースエンジンを内
蔵しているのが特色です。ただ、CGIはサポートしていないし、データベース
の構造すら変更できませんが、Lite版ではないフルバージョンでは、もっと
デザインできるようになるそうです。ちなみに値段は3000円でしたので、あ
まり高度ではないデータベース機能でいいのであれば、最高のコストパ
フォーマンスではないでしょうか?URLhttp://www.wizdom.co.jpです。

重松 修
Shige@ravi.zuien.or.jp

田中求之 さんからのコメント
( Tuesday, February 27, 1996 15:19:53 )

> トアックエンジニアリングという会社のWW Lite

このインストーラーディスクって、ファイルが壊れていませんでしたか?

わたしのやつは、「アーカイブが壊れている」というエラーメッセージが出て
解凍できないファイルがありました。おかげで、まだ試せていません。

メモリーが10Mだったか、とにかくたくさん必要のようですが、面白い
製品だと思います。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, February 28, 1996 18:26:00 )

WEB WIZARD のアーカイブが壊れているというのは、どうやらトアックさんの
方で、ディスクをデュプリケートするときに起きた問題のようです。
(ホームページを見に行ったら、エラーのことも書いてありました)

新しいものを送ってもらうように頼みましたので、届き次第試してみたいと
思っています。

また、TANGO DAM の実験も開始する予定です。ただ、さすがに LC475 では
処理が辛いかな、という気はしています。

サーバーを運用するのは、チープなマックで充分なのですが、データベースと
連携となると、やはりマシンパワーが必要ですね。

田中求之 さんからのコメント
( Friday, March 01, 1996 01:33:09 )

WIZARD WEB Lite の新しいディスクが届いたので、さっそくインストールして試して
みました。

4th Dimension のデータベースに、WWW サーバーの機能が組み込まれたもの、
と位置づけられる製品で、ネットワーク・データベースとでもいうべきものになって
ます。WWW サーバーが裏方にまわったデータベースとでもいうべきでしょうか。

確かにデータベース機能は早いです。登録データが増えたときにどうなるのかを
試していませんが、かなり早く動きます。メモリーも沢山いるけど (^_^;;


これからもう少し試してみるつもりですが、今の所の問題点としては、サーバー
環境の設定ができない??こと。 サーバーのポートとかバッファーとかユーザー
数の設定をするところが見あたらない…??

ポートが変更できないため、普段サーバーを動かしているマックではテストできない
ため、自宅に持って帰って、1台(スタンドアローン)でサーバー&クライアント環
境を作って試しています。

データの表示の仕方など、いわゆるデータベース関連は細かな設定が可能になって
いるのですがねぇ…

せめてポート番号ぐらいは、いくら Lite でも設定出来るようにしてほしかった
(できるのなら、分かりやすい設定に…) じゃないと、私のようになけなしの
LC 475 1台でやってる人間は、ネットワーク経由のテストができないよぉ〜。

画像データのサーバーなど、データを持っている人がそれを公開するための
ツールとしてはよいかもしれない、というのが 1st Impression です。

田中求之 さんからのコメント
( Monday, March 04, 1996 01:46:49 )

スクリプトでコントロールする簡易データベースとして Frontier (aretha) 用の
uBase というのがあります。もちろん、フリーでダウンできます。

Faceless のアプリケーションに AppleEvent を送ってファイルやデータの操作を
行うものになっています。うまく使えば便利かもしれません。

もっとも、Frontier 自体が Object Database を中心に動く環境ですので、
Frontier を使っているなら、少々のものなら Frontier の OD にテーブルを
作った方が管理や操作が楽でしょうけど。

最近 Frontier での CGI を試しているのですが、確かに素晴らしい環境です。
(まだなじんでいないので、スクリプトはあまり書けないのですが)

田中求之 さんからのコメント
( Monday, March 11, 1996 01:23:55 )

3月11日付けで Everyware Development Corp より ODBC (Open Database
Connectivity) に対応した Tango 1.5 がリリースされました。

これにより、Tango を使って、Butler 以外の SQL データベースを Web サーバー
に統合することが可能になったようです。リリースの中で触れられていたのは、Oracle
Sybase, Infomix, MS SQL server, FoxPro などです。

企業などで、すでに SQL セーバーが走っているというところでは重宝することに
なるのではないしょうか( Tango については、今、いろいろとさわり始めたところ
ですが、よくできているのには感心しています)。

また、 Tango CGI の NT, Unix 版を4月に、夏には Tango Editor の WIN 95
版を夏に発表の予定らしいです。

ショージ@ハートランド さんからのコメント
( Monday, March 11, 1996 09:00:13 )

とうとう出ましたか。

これに伴ってコマースキットなんかも出てくるんじゃないかと思われますが
とりあえずWebStarも業務にも使える様になりますね。

ショージ
show@heartland.co.jp

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, March 13, 1996 08:32:39 )

新しい Tango 等の日本語化の予定ですが、内田洋行では、Tango 1.5 については
現在検証中とのことです。

Butler 2.0 が同時にリリースされていて(ODBC 対応版)、こちらの日本語化が
先になるようです。(マニュアルが大幅に追加されていて、それの日本語化に時間が
とられるらしい)。

UNIX, NT の CGI, WIN の Tango Editor もすべて日本語化される予定らしい
ですが、リリース時期については、未定とのことです。

ショージ@ハートランド さんからのコメント
( Wednesday, March 13, 1996 09:14:05 )

なるほど・・・。ちょっと先になっちゃいそうですね。内田洋行フェアでは
3月中にはなんて話だったのですが。

ショージ
show@heartland.co.jp

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, March 13, 1996 20:36:11 )

Tango 1.5 については、今週中にはっきりとした方針が決まるようです。


鈴木基之 さんからのコメント
( Thursday, March 14, 1996 17:01:36 )

「Macintoshインターネットサーバー構築術」という本をみつけ直ぐに
購入し、読んでいくうちにこれは私の部署のファイルメーカーにも
直ぐにでも適応できそうだとWebSTARを購入し、この田中さんのホーム
ページを参考にさせて頂きながら、試行錯誤しているところです。

ところで、田中さんのファイルメーカー用サンプルを試行しているのですが、
CGIがうまく動きません。

fmTest.htmlの中の記述で

  <form action="FMProcessor.acgi" method="POST">

のmethod前のブランクが半角だとCGI自体が起動されず、また

  <form action="FMProcessor.acgi" method="POST">

のようにmethodの前のブランクを全角にすると、CGI自体は起動するのですが、
methodがGETで起動されてしまいます。

どうも、WebSATRの日本語版に問題があるのではないかと感じるのでは
ありますが、SRA社に何度聞いても、CGIの書き方が悪いからだといって
取り合ってくれず、「FileMakerPro-Jを利用するスクリプトについて」など
の田中さんのドキュメントを送ってくるのですが、どうしても上記の原因が
わかりません。

ぶしつけで申し訳ありませんが、この対策をご教示頂けないでしょうか?

当方、PB165Cに外付けHDを繋げ、ここに仮想メモリを設けてWeBSTAR-1.2.4Jを
試行しております。
宜しくお願いいたします。


田中求之 さんからのコメント
( Friday, March 15, 1996 03:32:12 )

鈴木さん、こんにちわ

>fmTest.htmlの中の記述で
>  <form action="FMProcessor.acgi" method="POST">
>のmethod前のブランクが半角だとCGI自体が起動されず、また
>  <form action="FMProcessor.acgi" method="POST">
>のようにmethodの前のブランクを全角にすると、CGI自体は起動するのですが、
>methodがGETで起動されてしまいます。

この現象は初めて耳にします。

少なくとも、WebSTAR-J の問題ではありません。WebSTAR-J は、CGI 等の処理に
関して、日本語版だからといって特別なことはしていませんから。

ところで、他の CGI は動いていますか? また、Action などの設定はどうなってい
ますか?

私の方でも、トラブルを起こす可能性などを調べてみますが、詳しいことは、とりあえず
メールしていただけますか? おそらくシステム等の環境も関係するトラブルだと思われ
ますので(気になるのは仮想記憶をどの程度使っているかです。WebSTAR が丸ごと
仮想記憶で動いている状態では、何が起こってもしかたがないという気もしますが…)

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, March 28, 1996 12:37:14 )

Butler 2.0 & TANGO 1.5 の情報です

Tango 1.5 は Butler 2.0 でないと動かないようです。内田洋行が Butler の
日本語化を先行させるのも、これが理由のようですね。

Butler にはさほど変更がない(ODBC 対応というのはありますが)ようですが、
Tango には変更が加わっているようです。まぁ、Butler 以外にも対応する必要
があるんですから、当然かなという気はしますが。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, April 10, 1996 16:51:35 )

Butler 2.0 に関する続報です。

内田洋行では、Butler 2.0 と、Butler 2.0 にのみ接続できる TANGO for ODBC
の日本語版を、6月中旬を目処に出荷予定と言うことです。


乙部 光一 さんからのコメント
( Tuesday, April 16, 1996 15:22:49 )

どうもお世話になっております。WIZARD'S Web Liteを開発したトアッ
クエンジニアリング(株)です。

Expoの時に配布したフロッピーは、社内でコピーしたのですがマシンの不調
でみなさまに多大なご迷惑をおかけしました。ここでお詫びいたします。ご
連絡のあった方には代わりのフロッピーを配布いたしました。


さて、WIZARD'S Web Liteに対する皆さんのご意見を拝聴し、大幅な機能アッ
プをほどこしましたのでご紹介させて頂きます。詳しくは、当社のサーバー
(http://www.wizdom.co.jp)をご覧井なってください。

■WIZARD'S Webの新バージョンについて

●ポート番号/プロセス数の変更
 田中様からもご指摘があった、サーバーポート番号の変更が可能となりま
した。また、同時にアクセスがあった場合の最大ユーザー数も同様に設定可
能としました。

●SSI機能
 外部のCGIアプリケーションが使用できないのは同じですが、SSI(Serverb
Side Include)機能を追加しました。SSIには次の機能があります。
 ・ユーザーアクセスカウンタ
 ・ユーザーアクセス開始日(日付のフォーマット指定可、和暦サポート)
 ・ユーザーアクセスカウントのイメージ表示
  ホームページでよく見かけるグラフィックイメージでの表示(グラ
  フィックイメージは、標準で2種類を用意、ユーザーがつけ加える事も
  可能)
 ・当日の日付(日付のフォーマット指定可、和暦サポート)
 ・現在の時刻
 ・任意の1バイト文字のグラフィック表示(当日の日付などと組み合わせ
  ることによりグラフィックイメージでの日付表示が可能)
 ・Client address
 ・Client IP
 ・Client ブラウザ名
 ・参照元URL
 ・乱数(指定範囲の数字または、任意の文字列リストからのランダム表示)
 ・データベース上の任意のファイルの登録レコード件数

●DBアクセス
 HTML上にDB上の任意のファイルのレコードリストを表示することが可能。
 表示するレコードの簡易検索、ソート、レイアウトを指定可能です。

●Netscape2.0フレーム対応
 2つのフレームを作成し、片方にレコード一覧、もう片方にレコードの詳
細を表示させるためのインターフェースを用意。フレームの外観などは全て
HTMLファイルからの制御することが可能です。

●アクセスカウンタの、参照元URLの自動ログ
 他のWWWサーバーからのアクセスがあった場合、内蔵のデータベースに記
録。これにより特別なログ処理をすることなく、いつでも何処のWWWサーバー
からの参照頻度が高いかを参照することができます。
 DBアクセス機能との併用により、ベストランキングなどの表示もHTML上
に1つの専用コマンドを1個閣だけで実現できます。
 ※実は、ここのページを知ったのも参照元URLにここのページからのアクセ
スがあったことを知ったからです。参照元URLデータベースファイルは、使い
方によっては、「自動リンクページ」として使えます。

■今後の展開
 以上ご紹介したWIZARD'S Web Liteは、一般向けには発売予定はありませ
ん。かわりに、画像DBを除き、掲示板機能、イベント登録、ユーザーイン
ターフェースの強化をしたWIZARD'S Web Super Liteを4月末よりシェアウェ
アとして公開する予定です。シェアウェア代金は現在のところ、3千円を予
定しております。
 ※WIZARD'S Web Super Liteでは、画像DB機能を除くことにより使用メモ
リ量も大幅に減少するものと思います。

以上

トアックエンジニアリング(株) 開発室 乙部 光一

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, April 17, 1996 02:09:22 )

トアックエンジニアリング 乙部さん

WIZARD's WEB に関する情報をありがとうございます。ポート番号の変更可能によって
すでにサーバーを立ち上げている方が、追加のサーバーとして利用する(処理の分散)
といった道も開けましたね。

また、SSI のサポートというのは嬉しいですね。やはり CGI よりは SSI の方が
使うのが楽ですからね。

WIZARD'S Web Super Lite の公開を楽しみに待つことにしますが、機能強化された
WIZRAD'S WEB の方はどのような販売方法になるのですか? 開発キットとしてのみ
販売されることになるのでしょうか?

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, April 17, 1996 17:53:33 )

WIZARD's WEB のホームページへのリンクを書いておきます。


→  WIZARD'S WEB Homepage

田中求之 さんからのコメント
( Thursday, April 18, 1996 15:24:53 )

なんだか、せっせとリンク集めに走っているようですが、Mac のデータベースの
比較を行ったページがありますので、紹介しておきます。

4D, FileMakerPro 3, FoxPro の比較です

→  Macintosh Databases

hino@ba2.so-net.or.jp さんからのコメント
( Saturday, July 06, 1996 11:43:30 )

現在、filemaker(on Mac)で作成したデータベース
       がります。また、今回WindowsNT3.51にHTTPサーバ
       を導入して実験的に小さなセグメント内でintranet(WWW化)
       のようなものを構築してみようとしています。
       ところが、データベースをほかのもの(Access,SQLサーバ、
       等)に移行するのは業務に支障がでるため御法度状態です。
       そこで、質問なのですが、FileMakerというものはHTTP
       サーバと通信する手段というものを持っているのでしょうか
       (ODBC、等)?
       もし、持っていれば、データベースサーバはMacのまま
       のこしておけるのですが....

田中求之 さんからのコメント
( Sunday, July 07, 1996 11:55:53 )

NT の HTTP Server (Web Server) については、私は詳しいことは知りません
ので、NT Server の CGI がどのような仕組みになっているか分からないのですが
FileMaker Pro 2.1J では、NT のサーバーからアクセスするのは難しいと思いま
す。

FileMaker 3.0 (日本語版はまだ出ていません)であれば、TCP/IP あるいは
AppleTalk によってデータベースに接続できるようになっていますので、これを
使えば NT Server からアクセスできる可能性はあると思います。


なお、質問に直接は関係ないですが、ODBC に関して。日本語版の ODBC ドライバ
(漢字Talkで動く ODBC ドライバ)は、まだ出ていないようです。Butler など
は ODBC で動くようになっているのですが( Butler SQL 2.0 )、ODBC を
使うためには英語版システムに切り替えないといけないという状況になってます。
アメリカで出ている ODBC ドライバは、日本語のシステムではうまく使えない
ようです。

はまもみ さんからのコメント
( Wednesday, July 10, 1996 01:50:47 )

はじめてコメントします、はまもみです。
現在、大学生なんですけれども、研究テーマとしてインターネットを
扱っています。

そこでなんですけれども、WWWサーバーにデータベースを構築しようと
思うのですが、まったくの素人としては何をどうしたらいいのやら、
さっぱり分かりません。

このようなボードにこのような見当違いな質問をするのは、大変申し訳
ないのですが、皆さんいい知恵がありましたら教えていただけないでしょうか?

ちなみに、サーバーとしてMacintosh ciを使用しています。そのうえで、
MacHTTPをたちあげたところです。
どうか、この若輩者を救って下さい。

田中求之 さんからのコメント
( Wednesday, July 10, 1996 02:16:45 )

>そこでなんですけれども、WWWサーバーにデータベースを構築しようと
>思うのですが、まったくの素人としては何をどうしたらいいのやら、
>さっぱり分かりません。

WWWサーバにデータベースを構築する場合、大きく分けて2通りの方法があります。
一つは CGI という仕組みを使って Web サーバーとデータベースソフトウェアを
連携させる方法、もう一つはデータベースソフトウェアに Web サーバ機能を組み
こんでしまうというものです。

前者の方法は、たとえば MacHTTP とファイルメーカーやマイバトラーといった
データベースソフトウェアを、CGI アプリケーションという中継役のアプリケー
ションを利用して連携させるものです。多くのWebサーバーでこの方法が用いられ
ています。このサーバーでも、ファイルメーカーのサンプルデータベースが動いて
います。


後者は、4th Dimension という業務用のデータベースが取っているアプローチ
なのですが、Web サーバーの機能を実現するアドインソフトを使うことで、
データベースが Web サーバーとしても機能するようにするものです。こちらは
汎用とはいいがたいのですが、処理自体は、オーバーヘッドが少ない分、早いと
思われます。

今年のトレンドは、スクリプト(プログラミング)の知識がまったく無くても
簡単に高度な連携システムを構築できる CGI ツールを使うというものです。
SQL サーバとでしたら、マイバトラー+ TANGODAM がありますし、ファイル
メーカー用の TANGO もあります(日本語版はまだありませんが)。

とりあえず、CGI というものについて調べてみるところから始めてください。
Webサーバの機能拡張のカギは、今のところ CGI にあります(もうじき Java
がのしてくるんだろうけど)。

参考文献としては、Mac だけに偏ったものではありますが、『Macintosh
インターネットサーバー構築術』CyberBarbarians 編(オーム社)の
2〜3章といったところでしょうか (^_^;;;

はまもみ さんからのコメント
( Thursday, July 18, 1996 01:49:44 )

 既存のデータベースと連結させるのではなく、自前でデータベースを
 作るのです。

 先生が無茶をいうので、困っています。
 この件については、MacPerlの使い方が...ということで、質問を変え
 ました。お騒がせして申し訳ございません。

 これからは、MacPerlの勉強に励みたいと思います。